ヨガとフィットネスの違いとどっちがおすすめかをインストラクターが解説

こんにちは、ヨガ・ピラティスインストラクターのYuriです。

ヨガってなんとなく「身体を動かすもの」というイメージがある人も多いと思います。

ダイエットや筋トレのためにヨガをやる人もいるので、ヨガ=フィットネスと考えられていることもありますが、実はヨガとフィットネスは別物。

今回は、ヨガとフィットネスの違い、どんな人にどっちがおすすめなのかについて紹介します!

SPONSORED LINK

ヨガ(Yoga)とは

ヨガの世界は奥深く、しっかりと理解するのはヨガインストラクターでも難しいので、簡単に解説しますね。

ヨガとは、もともとインドで生まれた心と身体を結びつけるための心身鍛錬の技法のこと。

ヨガには思想(哲学)、呼吸法、アーサナ(ポーズ)、瞑想などの様々なテーマ(教え)があり、これらを実践することで、自身の心(魂)と身体の結びつけを強めることができると言われています。

ですが、いわゆる世の中にある「ヨガスタジオ」は、体を動かすアーサナ(ポーズ)の部分にフォーカスしたものが多いです。

ヨガの概念や世界観については、こちらの記事で詳しく解説しているので良かったら読んでみてくださいね。

フィットネス(Fitness)とは

フィットネスとは、健康や体力の維持・向上を目的として行う運動のことを言います。

筋力アップ、ダイエット、腰痛の改善など身体面の効果だけでなく、身体を鍛えることで自分に自信が持てたり、身体を動かすことでストレス発散できたりと、精神面の効果を期待して行う人も多いです。

ヨガとフィットネスの違い

フィットネスジムのグループレッスンにヨガがあったりと、ヨガもフィットネスの一種と捉えている人もいるかもしれません。

ヨガとフィットネスの違いについて解説しましょう。

目的

ヨガとフィットネスの解説で書いた通り、この2つはそもそも目的が違います。

  • ヨガ:心と身体の結びつきの強化
  • フィットネス:身体機能の強化

どちらも身体を動かすという点では共通していますが、フィットネスのほうがよりフィジカル(身体)面に重きを置いています。

また、ヨガには瞑想や呼吸法などの「静」の要素もあり、必ずしも動きを伴わない点でも違います。

呼吸の重要性

ヨガでは呼吸が特に重要な意味を持ちます。ヨガの呼吸法はPranayama(プラナヤーマ)と呼ばれ、呼吸をコントロールすることで身体の中にあるエネルギーを調節します。

深呼吸すると気持ちがリラックスしたり、興奮すると息が短くなったりしますよね。このように、ヨガの世界では呼吸と身体は深く関係していると考えているのです。

フィットネスでも呼吸は大切ですが、それはあくまでトレーニングの効果を高めるためのものなので、ヨガとは少し違います。

誰かと競ったり頑張ったりしない

フィットネスをする時「もう少し頑張って!」や「負けないで!」といった言葉でモチベーションをアップさせることがあります。

一方、ヨガは誰かと競うことや、自分のできる範囲を越えて頑張ることはありません。

もちろん、負けず嫌いの性格の方や、個人的な目標に向かって頑張っている方はいます。ですが、本来の目的から考えると他人と自分を比べることも必要以上に頑張ることも必要ないのです。

ヨガとフィットネスはどっちがおすすめ?

ヨガとフィットネスは一方が優れていて、もう一方が劣っているというものはありません。

「ダイエットしたい」「姿勢を良くしたい」「リラックスしたい」などの目的に応じてヨガとフィットネスを使い分けるのがおすすめです。

ヨガがおすすめの人

ヨガは次のようなお悩みや目的がある方におすすめです。

  • 柔軟性を高めたい
  • 肩こりや腰痛などを改善したい
  • ストレスやイライラを軽減したい
  • 夜ぐっすり眠りたい
  • つらくない程度に身体を動かしたい
  • 姿勢を矯正したい

私はヨガを約10年続けていますが、ヨガを始めてから体と心の調子がきれいに整いました。ヨガの効果についてはこちらの記事でも解説しているので、良かったら読んでみてくださいね。

フィットネスがおすすめの人

フィットネスは次のようなお悩みや目的がある方におすすめです。

  • 筋肉をつけたい
  • 体力をつけたい
  • ダイエットしたい
  • 健康を維持したい

ヨガでもこれらの目的を達成することはできますが、身体機能の強化に特化したフィットネスのほうが、より効率的に行えると思います。

ヨガとフィットネスと似たものに「ピラティス」があります。

私はずっとヨガをやっていましたが、ピラティスを始めてから腹筋、背筋、腕、お尻などに筋肉がつき、より自分に自信を持てるようになりました。

「年齢は見た目に出る」と言いますが、歳を取るにつれて衰えていくのは顔だけではありません。化粧や肌の保湿など、お顔のアンチエイジングも大切ですが、50代、60代になっても元気に活動し続けるための体のアンチエイジングも大切!

ピラティスはそのような体のアンチエイジングにはぴったりなので、フィットネススタジオやヨガスタジオでぜひ体験レッスンをしてみてください。

まとめ

ヨガとフィットネスは目的や呼吸などでいくつか違いがあるので、行う目的や体調、気分にあわせて使い分けるのがおすすめ。

例えば仕事で疲れた日はヨガでリラックスしたり、「今日は体を動かしたい!」という日はフィットネスでしっかり汗をかいたり。同じ日にフィットネスしてからヨガをするのもありなので、積極的に体を動かして健康な体作りをしていきましょう!

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください