Googleフォトの容量を無料で増やす方法!「容量の解放」のやり方を解説

スマホやカメラで撮影した写真をGoogleフォトにアップロードしている方で「高品質で保存しているのになぜか空き容量がどんどん減っていく」と困っている方は、Googleフォトの設定を確認し、「容量の解放」を実行してみましょう。

私は、先日この方法でGoogleドライブに約10GBの容量を増やすことができました!

今回は、Googleフォトの容量の確認方法、「容量の解放」機能で使用容量を減らす方法について紹介します。

SPONSORED LINK

Googleフォトの容量の確認方法

まずはGoogleフォトの容量の確認をしましょう。

Googleアカウントにログインしたら、左上のアイコンをクリックして「Googleアカウントを管理」に進みます。

上のような画面が表示されたら、赤枠で囲った中にある「保存容量を管理」をクリックします。

私はもう「容量の解放」をしてしまったので、今Googleアカウントはほとんど空です。

「高画質」保存なのに容量がいっぱいの場合の対応

Googleフォトでの写真の保存方法には、容量を使用する「元のサイズ」と、容量無制限で利用できる「高画質」があります。(注意:2021年6月からは「高品質」でも15GBの容量を使用します)

「高画質」保存なのにGoogleフォトの空き容量がない!という方は、次の設定を確認して、空き容量を増やしてください。

自動バックアップの設定を確認

iPhoneやAndroidアプリのGoogleフォトで、自動バックアップがオンになっている場合、そのバックアップで保存される写真が「元のサイズ」になっている可能性があります。

私も、これが「元のサイズ」になっていたことで容量をかなり消費してしまっていました。

設定の確認方法はこちらです。

  1. AndroidスマートフォンまたはタブレットでGoogle フォトアプリを開く
  2. 画面右上のGoogleアカウントのアイコンをタップして、[フォトの設定]> [バックアップと同期] を選択
  3. [アップロードサイズ]で設定を確認。必要に応じて変更する

設定を「高画質」に変更すれば、今後バックアップで保存される写真は高画質保存されることになります。

「容量の解放」で容量を増やす

次に、すでに「元のサイズ」で保存してある写真を「高画質」に圧縮しましょう。

「高画質にすると画質も悪くなるんじゃないの?」って心配されるかもしれませんが、パソコンで見る限りは分からないし、写真を印刷する機会も正直そんなにないので、特に気にすることもないかなぁと思います。

「容量の解放」のやり方

「容量の解放」はこちらの方法で行います。

  1. Googleフォトの画面右上にある設定ボタンをクリック
  2. 「容量の解放」ボタンをクリック

圧縮処理には少し時間がかかることがありますが、画面は閉じてしまって大丈夫です。

SPONSORED LINK

まとめ

そんなに使っていないはずなのになぜか減っていくGoogleドライブの容量が、「容量の開放」によってほぼゼロになりました!

同じようにGoogleフォトの容量で困っている方の参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください